FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

共通:点灯テストの方法

点灯化キットの取り付け作業中に随時ライトユニットを点灯させることで、配線が上手くいっているか、遮光が上手くいっているかなど、ステップ毎に作業成果を確認しながら作業を進めることが出来ます。
点灯テストは、Nゲージ用のパワーユニット(パワーパック)を使用すると、安全にテストを行なうことが出来ます。
テスト用のコードは、フィーダーを1つ用意し、線路側のプラグ(KATOの場合は線路)を切断し、コードの被服を剥がして中の銅線を撚ります。コードの先端をライトユニットの通電パッドや、アルミテープの配線部分に当ててから、パワーユニットのダイヤルを半分程廻すことでテストができます。

この際、コードの銅線どうしを接触させてショートさせないように十分注意してください。また、コードの銅線に直接触らない、ぬれた手で作業しないなど感電にも十分注意してください。
9V程度の電圧があれば乾電池を使ってテストすることも出来ますが、身近な乾電池といえどもショート(短絡)させると激しく発熱し、火災などを引き起こす恐れがありますので、お勧めしません。
スポンサーサイト
2015-05-14 : 共通 : コメント : 0 :

共通:より鮮明な説明書

付属の説明書はモノクロのレーザープリンタで作成しており、写真が細かい部分まで見えづらいことと思います。
Webショップの各キットの商品ページには、説明書のpdfへのリンクが張ってあります。pdfは、PCの画面上では、カラーでご覧いただけ、拡大表示も可能です。アルミテープの貼り方のディテールなども判別可能と思いますので、ご利用ください。
nr-0101-1.png
2015-05-14 : 共通 : コメント : 0 :

共通:アルミテープの貼り方

本キットは、導電性アルミテープの接着剤の導電性に頼って通電しています。したがって、アルミテープをしっかりと貼らないと、電気的な接続が不安定になります。
アルミテープは、貼る場所に載せ、位置を確かめてから、綿棒や楊枝などを使って、アルミのしわを伸ばすような感じで、しっかりと貼付けてください。

また、説明書にも書いてありますが、一度しっかり貼ってしまったアルミテープは、剥がして再度貼ろうとすると、接着剤の導電性がかなり劣化しています。一度しっかり貼ってしまったアルミテープの再利用は避けてください。
特に接着剤による導電を行なう部分では、新品でも裏紙のはがれていた(浮いていた)アルミテープは使わない、貼り付ける部分をアルコールなどで清掃するなど、フレッシュなアルミテープを、フレッシュな面に、しっかりと貼り付けるように心がけてください。
2015-05-14 : 共通 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

イズムワークス・直売所

Author:イズムワークス・直売所
《鉄コレ点灯化キット》に関するサボート情報を発信しています。
下記のカテゴリーから、お探しの製品の型番を選んでください。

ツイート

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。